20代OLのはじめてキャッシングQ&A

金利ってどうやって計算すれば良いの?

お金を借りる際に最も気になるのが金利だと思います。金利というのはお金を借りた際に、その金額にプラスしてお金を借りている期間のレンタル料として利息を払わなければいけません。

この利息を計算するのに必要なのが金利です。キャッシングを行っている業者のHPなどでは年利〇〇%~などと書かれていると思います。この年利というのが基本的に金利となります。年利とはお金を一年間借りた時に発生する利息の割合が表示されています。

キャッシングでお金を借りると最低金利~最高金利と金利の率が幅広く表示されていますが、この金利の幅というのは借りるお金に応じて変わってきます。そして注意しておいてほしいのが、金利の安さを見極めるのであれば、最低金利ではなく、最高金利が低い方がいいという事です。

最低金利というのは、限度額を一杯に借入するなど、多額のお金を借りる際に適用される金利です。ですがはじめてのキャッシングではそこまで大きな金額は借入しないと思います。その様な時に適用されるのは最高金利に近い値です。金額によって適用される金利は異なりますが、金利の低い所を選びたいと思うのであれば、最高金利が低い所を選ぶようにしましょう。

次に金利の計算方法についてですが、金利の計算と聞くとなんだかややこしいと感じてしまう方も多いと思います。ですが実はそこまで難しくはありません。元金に対して提示された金利を掛けます。その値は年利であるため、一年間の日数である365日で割り、その割った値に、借りた日数を掛ければ金利が計算できるのです。

例えば10万円を金利18%で1カ月借りた場合の計算方法は、10万円(元金)×18%(金利)÷365日×31日=1528円となります。キャッシングの場合は翌月にまとめて返済しますので、10万円を翌月に返済するときの利息は1528円となります。

ですから返済する金額は10万円プラス1528円となりますので、全部で101528円返済しなければいけないということです。利息というのは、余分なお金ですので、できるだけ安く抑えたいですよね。早く返済すれば返済するほど余分なお金を払わずに済みますので、お金を借りる際は計画的に借りるようにしましょう。